ぐへぐへ日記

ゲイがいろんな生き方を模索しながら書いているブログです。

【日本人】海外の飲食店で働いてみてわかったこと【仕事】

f:id:guheguhe:20170304035903j:plain

こんにちは!お久しぶりです。 海外で働きはじめた海外逃亡寿司職人見習い(@guhe46)です。

海外で働くのは結構面白いですよ!

とりあえず働いてみてわかったところをあげてみましたー

国籍豊富!だけど日本人多い。。。

ぼくはアジアン系のレストランで寿司をつくっているんですが、日本人がそこそこいます。

っていっても全体でいうと2割くらいなんで、そんなに多いわけではないですね。

英語は結構使う機会があるんですが、どうしても困った時に日本人を頼りがちなんでよくないですね!

やっぱり言葉は難しい

言葉、難しいです。

日本でTOEIC900とか持ってましたけど、難しいっていうより、聞き取れないことが多いですね。

ガチャガチャガヤガヤしてるところってのもありますし、モゴモゴしゃべるんで消える音が多い。。。

しかも聞き直してみても、同じスピードで同じことを同じようにしかいわないときもあるんで、「ゆっくりもう一度いって」とお願いしないといけません。

人種が違うと話す英語も違うみたいで、なまりがあるとさらに難易度が上がります。

ゆるい

いや、働く場所によるかと思うんですけど、結構ゆるめな雰囲気です。

日本みたいに常に怒鳴られて仕事しなくていいんで、そこはいいとこですね。

仕事中にジュース持ち歩いて飲んでる人がいたり、食べ物たべながら歩いたり(厨房内)。。。

管理しきれてないだけかもしれませんが、全体的にそういうレストランが多いイメージはありますねえ。

料理はちゃんと作ってます

ご飯おいしいです!まかないも出るんですが、かなり美味しい!

シェフによりますが、やっぱり上の人は料理上手ですね!

こっちの人は料理作ってる時もリズミカルに動きますね。踊ってるみたい。なぜかはよくわからないですが。

スピーディーにさっさか動いてつくります。

素早くていねいに仕上がるので、そのへんは意外と日本人と変わらないですね。

あ!でもアジア系の人の方が上手いイメージあります。。。 実際の割合でも、アジア系の人が上手い気がする。アジアン料理屋だからか。

労働時間は日本と変わらない、というか長い

労働時間は長いですねー

ストレスがない分楽に仕事できるんですが、意外とキッチリしてるわけではなく、だらだらやってるところも見受けられます。

上がりの時間も誰かが上がるように伝えに来るわけじゃなく、「終わったらあがって」ってな感じです。(場合によりますが)

まああんまり変な時間にタイムカード切ってるとあとから注意は来るでしょうね。普通に考えて。

衛生面は日本の方がきっちり

衛生面は日本がキッチリしてます!

日本では肉を切ったまな板では野菜は切らないとかとりあえずごっちゃにしないですよね。

こっちではそのへんちょっと曖昧です。。。

ご飯作るところに洗剤がない(手洗い用の洗剤のみ)ので、水洗いが基本です。

後述しますが、洗い物は全部洗ってもらうので、作るところでは洗わないのがほぼ徹底されていますね。

分業制

よく言われてることですね。 日本だと料理作って食器洗ってオーダーとってみたいな感じで色々やらされますが、 こっちはかなり分業が進んでます。

食器洗いを専門のdish washerがやってくれるんですごい助かります!
洗ったあとお皿を持ってきてくれるし、大助かりですね。

あとゴミ捨ての人も定期的に来てくれます。

海外と日本の違いかと思ったけど、大きいお店と小さいお店の違いといっていいのかも。

でも日本のレストランだと大きいところでもゴミ捨てまで分業はしてないかと思います。

てな感じでとりあえず思いつくことをずらずらーっと書いてみました。

日本よりストレスが少ないのは確かな気がします(今の所)。

まだまだ慣れてないところが多いんで、定期的に追加できたらなーっと思ってますがどうかな。