ぐへぐへ日記

ゲイがいろんな生き方を模索しながら書いているブログです。

【店子の始め方】ゲイが新宿2丁目で働くには?【アルバイト】

f:id:guheguhe:20170926202545p:plain

冷やし中華はじめましたみたいなノリですが、2丁目のお店で店子をはじめました。
しばらくやって気づいた事などなど書いてみます。

 

これから店子はじめたいな〜っていう人は必読ですよ! 

 

 なんで店子はじめたの?1回はやってみるべき!

f:id:guheguhe:20170926213734p:plain

ぼくが店子をはじめたのは、単純な理由なんですが、たくさんのゲイの人に会えたらそれだけ彼氏が出来る可能性も高いんじゃないかな〜と思ってたからです。

 

働いてみてわかりましたが、やっぱりゲイの人が集まるゲイバーで働いていると出会いが多くなるのは事実です。

 

まあ、出会いが多くなればすぐに付き合えるかっていうとそう簡単でもないのが世の中ですが、確率で考えると確かな考え方です。

 

ゲイの人口は5〜10%です。人口の半分が女性であることを考えると、その確率は男女が恋愛できる確率に考えると、かなり低いですよね。

 

さらに、これは働きはじめてからわかったことですが、ゲイバーで働いているとゲイの先輩とたくさん出会い、そのロールモデル(先輩としての生き方)を学ぶことができます。

 

70歳を越えていて、原爆を目視したことがあるというおじさん。60歳近くで奥さんもいるゲイだけど、いつもニコニコ(ニヤニヤ?)して楽しそうに生きているおじさん。50代と40代でいつも喧嘩しているのに別れないおじさんのカップル、30代でフリーランスとして働いているおじさん(お兄さん?)。

 

はたまたたくさんの芸能人と知り合いであるというおじさん(おそらくウソ)。HIVに感染しちゃったけど、病気に負けずに生きているおじさん。お薬を利用しちゃって会社をクビになってしまったおじさん。うつ病でお酒ばかり飲んでいるけどなんとかやっているおじさん。

  

おじさん多すぎワロタ

まあゲイだからね・・・

 

そこにはゲイというだけで、仕事や学歴、世間の目にとらわれず仲良くなれるチャンスがあふれています。もちろんゲイの中でも人を見下したり、見下されたり、かっこいい、かわいい、ブス、なんて評価したりされたりもあります。

 

でも、やっぱりゲイとして人生を少しでも楽しく生きるなら、多くのゲイと関わり合いになるのは悪くない、とぼくは思います。

 

自分からイッチャオウ!店子のなり方

f:id:guheguhe:20170926205047p:plain

さて、それでは気になる店子のなり方を書いてみましょう!

店子になるには、おおまかに以下の3つのルートがあります。

 

①スカウトされる

お店で飲んでいて「うちで働いてみない?」と誘われるって事ですね。
普通の飲食店ではあり得ない事ですが、2丁目では結構ある事です。


かわいい子、よくしゃべる子が声をかけられやすいかなとは思います。(例外もたくさんあります。単純にママの好みって場合も)


あとはお店のイメージにあっているかって所でしょう。デブ専のお店では太ってる子が声をかけられやすいのは自明ですね。

 

カワイイ子以外はあんまり声をかけられないのかと思いきや、案外声はかけられるもんです。特にママやお店の常連と仲が良くなってくると、「この子なら信頼できる」という方向性で任せられることも多くなります。

 

実際お店のレジからお金をとっちゃったり、いろんな人と(いろんな意味で)仲良くなってしまって、トラブル発生とかもありえるので、なんだかんだでまともな子が好かれます。

 

かわいすぎるより、そこそこの容姿の方がお客さんも安心できるっていうのもありますね〜。

 

②自分から応募する!平日の夜がオススメだゾ

行きつけのゲイバーで、ここで働かせてもらえませんかと聞いてみたり、インターネットで検索して、電話で応募するなんかの方法もあります。


自分の足で2丁目をウロウロしてもいいし、インターネットのサイトでお店を探すのもいいでしょう。

 

ホームページに「店子募集」と書いてあったり、お店で張り紙で店子を募集している事もあるので、とりあえず検索をかけてみるのもありでしょう。

 

2丁目で、ゲイバーで「働いてみたい」と思っている人は、スカウトされるのを待っているより自分から応募しちゃうのが一番です!

 

ぜひ気になるお店のママに声をかけて聞いてみましょう。

ママに声をかける時間は平日(月〜木)の早い時間(オープンから1時間くらいたってから)がオススメです。金曜日土曜日は忙しいですからね。日曜日はお休みの可能性が高いです。

 

③友達・知人の紹介

店子をやっている友達から「今度パーティーがあって、人手がたりないから1日だけでいいから入ってくれない!?」とピンチヒッター的に頼まれるっていうルートです。ルート的には①に近いですが。

 

ピンチヒッター的に入ったら、「もっと働いてみない?今度○○っていう子がやめちゃうんだけど、その子の代わりにはいってほしいんだけど・・・。」と頼まれたりします。

 

この辺は人脈ですね。友達がたくさんいる子はこういうルートで働いている子も多そうです。こういう子達は同い年同士で同期会みたいのを作って楽しそうにしています。

 

まとめちゃうゾ

f:id:guheguhe:20170926214529j:plain

かわいい子、かっこいい子は何もしなくてもスカウトされますが、そうでなく、友達もいないという場合は積極的に自分から声をかけてみましょう!(ぼくのように^^)

 

案外、というかまともに考えて自分から応募するのが一番早く、かつ確実に「店子になる」という目的のために前進できます。

 

今回はこのくらいにしておきます。次回はメリットデメリットなんかを書いていきたいと思います。

ではでは〜