ぐへぐへ日記

ゲイがいろんな生き方を模索しながら書いているブログです。

共感性羞恥をなおす必要はないよ

f:id:guheguhe:20180322155414j:plain

こんにちは。ぐへぐへ(@guhe46)です。

今日はちょっと休憩にドッキリ番組を見たらむっちゃいたたまれなくなったんで、この原因について調べてみました。

共感性羞恥っていうらしいですね。

共感性羞恥とは

他人が恥をかく、叱責される、失笑を受ける、非難される・・・・・などの光景を実際に、あるいはドラマ、マンガなどを通じてみたときに、まるで自分がそれらを受けているように動揺、委縮し羞恥心を感じる現象。

はてなkeywordより

コレも参考になるかな?
togetter.com

ドッキリ見ててこれから失敗するぞ〜とかっていう人を見てるといたたまれなくなるあの気持ですね。

なおす必要ないんじゃないの?

で、いろいろ調べてみると、「治したい」とか「治すためには?」みたいな記事が多いんですが、ぼくはなおす必要ないんじゃないかなって思います。

そもそも共感とか感情移入してはずかしーってなってる状態なんで、実際恥ずかしいわけじゃないですか。

なにを恥ずかしいかって思うツボはその人が人生でどういう恥ずかしい思いをしたかっていうのが原因で、程度はどれだけ共感しやすいか(想像力が強いか)だと思います。

なんで、その人の人生とか遺伝的な部分とかが原因になってるわけですよね。

これなおせないんじゃない?普通に。

無理してテレビ見る必要ないとおもうんだけど・・・。

あと、「ドッキリに出てる人は別に気にしてないから」ていうのは意見としてわかりますが、それは外からわかんないですよね。

全然気にしてないかもしれないし、ものっそい傷ついてるかもしれない。とくに一般人がドッキリにあるのとか。

いじめやいじりとかも似たような話になってくると思いますが、気にしてるか気にしてないかわかんないからこそ、共感しちゃう人は、「恥をかいているかもしれない人」に優しく丁寧に接することができると思いますよ。

あと、これって「辛い思いをした人が優しくなれるわけではない」っていうのとは別の話なんで、そこは注意。

社会的に影響出ちゃう人は

まぁ治す必要無いんで、そういう場から離れるのが一番ですよね。

テレビでそういう番組やってたらそこから離れるとか。

無理してなおす必要全然なし

対処法でテレビだったら「写っている風景や芸人の服装に気を配って注意を散らしてみる!」みたいなのがいくつかあったんですが、テレビ消せばいいんじゃない・・・?

家族もみてるんなら自分だけ部屋に戻るとか・・・。他にやることいくらでもあるでしょ。

みんなテレビ好きなんだなぁと思いました。

まあテレビだけじゃなくて公共の場で共感力が強すぎる人は何かと大変だからフリーランスの仕事とかするようにしましょう。

どうしても会社に勤務しないといけないなら集中できる場所に移動して作業に集中しましょう。時間は有限です。

共感性羞恥が強く出ちゃう人は

優しい人だと思うよ。多分だけど。

絶対いいことだからうまくつきあってってね。