ぐへぐへ日記

ゲイがいろんな生き方を模索しながら書いているブログです。

【世界一周】トルコ旅行基礎【SIMカードとイスタンブールカード】

こんにちは。フィリピンで消耗してるぐへぐへ(@guhe46)です。

今日も元気にやってきましょう!

今回は世界一周で行ったトルコについて書いてみまーす。
トルコのガチムチおっさんの存在に胸をときめかせて飛行機に乗り込みました。

イスタンブール、空港から市街まで

f:id:guheguhe:20171010211715p:plain イスランブールに到着する時は、日本からだとアタテュルク空港になると思いますが、今回ぼくはヨーロッパから入ったので、サビハ・ギョクチェン国際空港から入りました。

入国はほとんど問題なかったと思います。問題なさすぎて記憶にあんまりありません。入国カードとかも書かなかったし、ビザも買わずに入れたかと。やはり親日国ですな。あ、でもWIFIはクソだった記憶があります。

さらに、国際空港なのに、英語が通じる可能性が結構低くて大変でしたねえ。バス停でも英語が通じなくて厳しかった・・・。

英語が通じないって地味に怖いんですよね〜。ヨーロッパでは中央の方でもまだまだ英語が通じてたけど、トルコはいよいよヨーロッパ圏から出て行くってのをまず感じました。 f:id:guheguhe:20171010212338p:plain あと、トルコではUberやタクシーがそんなに安くないです。大体ヨーロッパよりは安いけど、価格もあんまりかわんないので、Uberで楽チン旅は期待できないですね。

ですので、そこからはバスで移動しましたが、だいたい1時間30分くらいの道のりのはずでした。

まずバス停で2時間くらい待たされる。理由はちょっとよくわからないです。(言葉がわからない・・・。)

で、なんとかかんとかバスは出発しました。そのあと高速に乗る訳なんですが、しばらく高速を走ってたら

がくんってなったんですよ

がくんっ

よくわからないんですけど、赤い光が灯りましたよね。 明らかにやばそうな空気。 f:id:guheguhe:20171010214313j:plain

トルコ語が理解できないので、何を行ってたのかちょっとよくわからなかったんですけど、英語が話せる人に来てみたところ、「車が故障している。後続のバスが迎えに来る」ということだけはわかりました。

結局1時間くらいまってなんとか迎えのバスが来て、目的地に向かうことはできたのですが疲れた・・・。

トルコでの基本装備紹介!

f:id:guheguhe:20171010211921j:plain トルコ・イスタンブール付近の市街地の街並み。それにしてもひどい写真・・・。

f:id:guheguhe:20171010212222p:plain

ここで、1泊だけして、SIMカードも購入しちゃって、そっから翌日は次の宿泊先の街へ向かいました。

ここではトルコに来たらまず買っときたい装備(SIMカード、イスタンブールカード)を紹介します。

SIMカードの購入は?

トルコでは空港のSIMカードが高いので、街中で購入した方が安かったです。

ぼくはこのときVodafoneで購入しました。ショップで購入すれば、だいたい店員さんが全部設定はやってくれるので問題ありません。

パスポートのコピーをとられたり、あとは必要な情報を書いていけば購入できます。開通の確認までお店で全部やってくれます。

vodafone以外の2社は正直よくわからない・・・。まあ「Vodafoneだから困った」ってことはなかったです。

イスタンブールカード

f:id:guheguhe:20171011014816p:plain イスタンブール市内の移動はイスタンブールカードっていうのが便利です。

これがないと、バスなんかは現金があっても乗せてくれません。(観光客だと「イスタンブールカード?なにそれ?」みたいな顔してるとたまにただ乗りさせてもらえますが、買った方が良いのは言うまでもなく。)

空港からの行き帰り(イスタンブール外部)でのバスの利用は、現金でも支払うことができるようですね。

まあ持ってないと基本は乗れないと思うので、適当な場所で購入しましょう。イスタンブール市内のコンビニ、雑貨店みたいなところでも売っています。

とりあえず売ってるかどうか聞いちゃいましょう。値段はいくらチャージするかによりますが、英語もトルコ語もできなくても「イスタンブールカード!チープチープ!」て言ってれば一番安いのを売ってくれると思います!(てきとう)

むっちゃ詳しく書いてくれてる人がいたので、参考になります。↓
イスタンブールカード/トルコに着いたら最初に買いたいお得アイテム

AirBnBを使う時は注意しましょう・・・。

さて、一応色々装備も整ったんで、Airbnbで予約した滞在先(2件目)に向かいました。

f:id:guheguhe:20171010212338p:plain 予約したのは上記の写真の場所になります。入江沿いの場所ですね。景色がキレーらしい。

f:id:guheguhe:20171010212441j:plain 海沿いの景色。キレー。

さて、上記の場所に到着した時点で気づいたんですが、Airbnbで部屋の予約は取れていたけれど相手からの実際の返信は来ていない状態でした。

普通は、自動で送信される「予約が取れました」ってメッセージのほかにも、、ホストの人が送ってくれる「こんにちは。あなたが泊まる部屋はxxで、明日は何時ごろくる?」みたいなメッセージが全然なかったんですよね。

記載されている電話番号に電話してもそもそもつながりません。

おそらく、ホストの人はもうAirbnbを利用していないのに、ゲスト募集の広告だけ残っている状態だったんでしょう。ガッカリです。ガッカリっていうかブチ○すぞっていう空気だったんですが、連絡が取れないのはどうしようもないです。

仕方ないからAirbnbに連絡して、キャンセルをしてもらいました。 ちなみにこの時スカイプの国際通話を利用したので、日本のairbnbにつなげて、日本語でやりとりすることができました。

スカイプのIP電話は料金先払いで、電話代もそれほどかからず、後からバカ高い通話料が要求されることもないのでオススメですよ。

f:id:guheguhe:20171010212628j:plain こんな場所。

f:id:guheguhe:20171010212703j:plain 綺麗なんだけど、ちょっとした坂の上に立っていたので、疲れました。

仕方なく、他の宿(イスタンブール市内)の予約をとって、そこに向かうことにしました。 またここを下って移動するのかと考えるとげんなり・・・。

まとめ

今回はトルコに旅行する際はどーするかって感じで終始してしまったので、次回は色々ハプニングとか書いていきたいと思います〜

次回は「衝撃のぼったくりバー」

以下の記事もオススメですよ^ω^

【世界一周】エジプトで出会ったおっさんたち。ギザ、カイロ、ハンハリーリ。【ゲイ】 - ぐへぐへ日記

【世界一周】アレクサンドリアの一夜については話したっけ?【エジプトゲイ】 - ぐへぐへ日記

ちなみにkindle unlimitedだとlonelyplanetがほぼ全部タダ読みできます。